商店建築のニーズに応えるデザインテント

デザインテントは、日除け・雨除け等の実用面以上に、装飾的な店舗の外装演出を果たしております。平面と曲面の組合せに色彩・レタリングの効果を折り込むことにより、一層の店舗イメージの向上をはかることができます。

代表的なテントの形状

※クリックで施工事例へリンクします。
看板形 看板形サイド無 庇形 庇形サイド無
サイドR形 トップR形 球R横骨形 球R縦骨形
自立式テント
(自販機・コインロッカーなど)
自立式片持ちテント
(プールサイド・ベンチなど)
多目的テント
(イベント・ガバナ仕様・倉庫など)
階段テント

看板形テント(フレーム姿図)マキコミ式

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: マキコミフレーム-2.jpg

カラクリ式

スチールフレーム
塗装仕上:標準色ライトグレー

《マキコミ式》
下側のパイプに生地を巻き込み(裏側で)ロープで留めます。スッキリとしたデザインになり質感が増します。
デメリットとして、下側パイプが湿気により腐りやすくなります。メンテナンスを含め5~6年を目途に生地の張替えをお勧めします。

《カラクリ式》
下側のパイプにロープでカラクリながら生地を張ります。フレームは腐り難く日除け・雨除け実用性重視にお勧めします。