オーニングを設置して日陰をつくり出すことで、体感温度上昇の要因である、日射と赤外放射を大幅にカットします。結果、オーニングの下の体感温度は、日向に比べると約7°C下がります。
実は、日陰も日向も気温は同じ。
違うのは体感温度。
体感温度とは?
体感温度とは、人の肌が感じる温度の感覚を表したものです。人は気温だけでなく、温度、風、日射や地表面の放射熱から影響を受け、「暑い」「涼しい」と感じます。

オーニングで、省エネ・・・冷房費用の2/3がカットできます。

地球環境問題の大きなテーマ、それはエネルギーの枯渇や温暖化です。電力はクリーンなエネルギーですが、その電力を つくるときには、化石燃料を燃やすなどしてCO2を発生させ、それが地球のエネルギー枯渇や、温暖化へとつながっていき ます。その点、窓にオーニングを取り付けると、夏場のエアコンの効きが格段に良くなります。太陽光線が差し込む部屋のエ アコン稼働率を100%とした場合、カーテンやブラインドをつけた場合の稼働率は74%、これに対してオーニングを設置し た場合は33%という省エネ効果が実証されているのです。つまり、オーニングを設置すると、冷房費用の2/3がカットできる ということになります。

窓ガラスのみの場合 ブラインドをつけた場合 オーニングをつけた場合

※「オーニング」とは?・・・オーニング(Awnong)という言葉は由来は英語で直訳すると「日よけ」「雨よけ」という意味です。